特許製法による超高密度な研磨ホイール。

特長
高密度な羽根先が生み出す驚異的な研削力。
割れる心配がありません。
砥石に比べ軽く、研摩音が低い。
無駄な摩耗、チャタマークが発生しません。
用途に応じた製品硬さの変更が可能です。

難削材パイプのセンタレス研磨、アルミ材の溶接ビード研磨などで評価の高いホイールです。このGFホイールでは外周面の羽根枚数を独自の手法で根元部分よりも25%〜30%程度増やす事により高密度なホイールと致しました。これは従来のフラップホイールと比べて、一定の時間に使われる砥粒の量の増大を意味し、単純に研磨力の差として現れます。この差が今まで実現できなかった研削工程の短縮を実現させます。

用途
パイプ外面研磨
熔接部ビード取り
H鋼、鋼板キズ取り
鍋・釜外周研磨
CGLトップロールの研磨
オートバイリムの研磨
研磨材 GFホイール 特許:第2729924号 実用新案:第2578007号
研磨材 GFホイール 拡大写真

一般的なフラップホイールが羽根を叩きつけて研磨しようとするのに対し、GFホイールでは叩きつける動きを止め、研磨面を砥粒がこするように動くことで格段の高研削比が得られます。難削材と言われる特殊合金の研磨で高い評価を得ています。

ワークサンプル、図面をご提供願えれば、表面のトリミングも可能です。通常は湿式でのご利用をお勧めします。乾式でご利用の場合は別途ご相談下さい。

概要

<仕様>
品名 GFホイール
粒度 #40〜#1000
硬さ H、M、S
外径 200φ〜400φ
30〜150mm
特許 第2729924号
実用新案 第2578007号

お客様に満足頂ける「世界にひとつ」の研磨材をお届けしたい。目的や現場状況に応じてワークピースを確実に研摩するオリジナル研磨材をワンストップで開発・製造します。

研磨材、液状または固形研磨剤ご提供エリア(営業地域)

研磨材、液状または固形研磨剤の導入は、北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・札幌・福島・東京・神奈川・埼玉県・千葉・茨城・群馬・栃木・愛知・静岡・三重・岐阜・新潟・長野・山梨・石川・富山・福井・大阪・京都・奈良・兵庫・滋賀・和歌山・岡山・広島・鳥取・山口・島根・愛媛・徳島・高知・香川・福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄・札幌・横浜・金沢・名古屋・盛岡・仙台・水戸・宇都宮・さいたま・金沢・甲府・浜松・大津・津・神戸・高松・松山、那覇、全国どこからでもお問い合わせください。日本国内はもとより世界8カ国以上の大規模研摩現場で使われている信頼と実績。「世界にひとつ」を届けることをモットーに、お客様の研摩のご状況やご要望に最適となるオリジナル研磨材をご提案させて頂きます。

【本社/工場】
〒571-0002 大阪府門真市岸和田1-3-11
TEL 072-881-8400 FAX 072-881-8590
【タイ現地合弁企業】
Siam Abrasives Industry Co.,Ltd.
129/33 M.3 Phaholyothin Rd.,Wangchula,Wangnoi,Ayutthaya 13170 Thailand
TEL +663-572-1458-9 FAX +663-572-1460