汎用で使いやすい、スタンダードタイプの研磨ホイール。

特長
形状や切り込みの豊富なバリエーション
細番手でありながら高い研削性。

研磨布を二つ折りにしてレーシングに植え込んだSSホイールは、創業以来支持を頂いている、バフ型研磨ホイールのスタンダード品です。羽根の幅、長さ、スリットなどを変えることで、さまざまな用途、目的に応じられる豊富なバリエーションがございます。独立系メーカーとして、お客様に最適な素材選び、最適な加工を施してお届けします。

用途
自転車、単車リムの研磨
アルミ車輌の下地研磨
アングルコーナー部の研磨
一般研磨
研磨材 SSホイール

1枚ものから、重ね合わせの製品まで、お客様の研摩物・工程・仕上がりの風合いなどから最適な商品をご提案しています。

●小型(125〜200φ)
主に入り組んだ形状のコーナー部の研摩に。
●中型(250〜300φ)
主に熔接ビートの研摩、塗膜の剥離等、研磨力重視のストレートタイプと、曲面への馴染み重視のチドリタイプにわかれます。
●大型(350φ〜)
アルミ車輌の研摩に代表されるように馴染み性を重視した下地研摩でのご利用が多く見られます。

研磨材 SSホイール

概要

<仕様>
品名 SSホイール
粒度 #40〜#1000
外径 125φ〜460φ
形状 チドリ・ストレート
切り込み なし
1本(竹)
2本(桐)
3本(松)

【形状】
ストレートはコーナー部分などの狭い箇所に。また、チドリは羽根のあたる面積が広がります。
【切り込み】
切り込みがあると羽根の腰が柔らかくなります。(羽根のあたる幅が広くなります)
切り込みがない場合は、羽根の腰が強くなります。(羽根の腰が強くなります)

お客様に満足頂ける「世界にひとつ」の研磨材をお届けしたい。目的や現場状況に応じてワークピースを確実に研摩するオリジナル研磨材をワンストップで開発・製造します。

研磨材、液状または固形研磨剤ご提供エリア(営業地域)

研磨材、液状または固形研磨剤の導入は、北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・札幌・福島・東京・神奈川・埼玉県・千葉・茨城・群馬・栃木・愛知・静岡・三重・岐阜・新潟・長野・山梨・石川・富山・福井・大阪・京都・奈良・兵庫・滋賀・和歌山・岡山・広島・鳥取・山口・島根・愛媛・徳島・高知・香川・福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄・札幌・横浜・金沢・名古屋・盛岡・仙台・水戸・宇都宮・さいたま・金沢・甲府・浜松・大津・津・神戸・高松・松山、那覇、全国どこからでもお問い合わせください。日本国内はもとより世界8カ国以上の大規模研摩現場で使われている信頼と実績。「世界にひとつ」を届けることをモットーに、お客様の研摩のご状況やご要望に最適となるオリジナル研磨材をご提案させて頂きます。

【本社/工場】
〒571-0002 大阪府門真市岸和田1-3-11
TEL 072-881-8400 FAX 072-881-8590
【タイ現地合弁企業】
Siam Abrasives Industry Co.,Ltd.
129/33 M.3 Phaholyothin Rd.,Wangchula,Wangnoi,Ayutthaya 13170 Thailand
TEL +663-572-1458-9 FAX +663-572-1460