研磨材の製造販売。金属加工にベストな研磨布ホイールを。

TEL. 072-881-8400
  • 日本語
  • English

研磨試験(大型研磨試験機)のご案内

一般的な研磨試験機では対応できないワークサイズでも当社大型研磨試験機であれば、テストをして頂けるかもしれません。

研磨テストの種類

板研磨
テストの流れ
板研磨の備考
センタレス研磨
テストの流れ
<研磨試験機仕様>
モーター馬力 15Kw
主軸回転数 800rpm〜2800rpm ※インバーターにより可変
主軸寸法 50.8
テスト可能な研磨材
  • 研磨ホイール:300φ〜400φx50〜100幅
  • 研磨ベルト:50〜100 x 2500
乾/湿 両用
縦研磨
  • ワーク送り速度:0.5m/min〜8m/min
  • インバーターにより可変
  • オシレーション機能なし
  • アップ/ダウンカット:切替え可能
センタレス研磨
  • ワーク送り速度:0.3m/min〜3m/min程度
  • パイプの大きさにより変わります。
  • インバーターにより可変
  • アップ/ダウンカット 切替え可能

研磨テストについて

テストご希望の場合は、お問い合わせフォームメールまたはお電話でお問い合わせ下さい。
ワークの形状、材質や検査希望内容によりお受けできない場合がありますので、予めご了承下さい。
テスト実施日は個別にご相談させて頂きます。

<研磨テスト受付要項>
テスト可能なワーク寸法
  • 幅:20〜150mm(最大研磨幅100mm)
  • 長さ:1〜2m(短い場合は当社にて補助板に留めます)
  • 板厚:1〜50mm
パイプ
  • 外径:75φ〜250φ
  • 長さ:1〜1.5m
ワーク重量
  • 搬送の都合上一本当たり 最大でも70Kg程度として下さい。
クーラント指定 湿式研磨の場合、弊社クーラントを使用します。ご指定の場合は別途ご相談させて頂きます。
ワークの受け渡し 通常運送便で配送可能なワークは当社費用でご返送させて頂きます。重量運搬あるいは特別な梱包および運送が必要なワークはお客様にてご負担下さい。
ワーク数量 本番テスト用のワークの他、調整用のワーク数本を必ず同梱下さい。
検査項目
  • 面粗度:面粗度計を用いて計測します。
  • 削量:物理的な計測を行う場合と、重量変化から削量を計算で求める場合があります。
当社書式に従い、報告書を作成します。
テスト費用 8,000円/パス回数(調整用の捨て研磨を除く)
研磨材費用 標準テスト材を使用する場合、研磨材の費用は不要です。
別途製作が必要な場合は製品により価格が変わりますのでお見積り致します。
お支払い 研磨テスト報告書提出後2週間以内に現金で指定口座にお振込み下さい。
守秘義務について お客様の研磨データは目的外に使用する事はありませんのでご安心下さい。
手研磨によるテストについて 大型研磨機以外に当社製品の手研磨による無償テストも承っております。
テスト後、簡単な報告書を作成させて頂きます。 削量、面粗度は計測いたしません。

お客様に満足頂ける「世界にひとつ」の研磨材をお届けしたい。目的や現場状況に応じてワークピースを確実に研摩するオリジナル研磨材をワンストップで開発・製造します。

研磨材、液状または固形研磨剤ご提供エリア(営業地域)

研磨材、液状または固形研磨剤の導入は、北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・札幌・福島・東京・神奈川・埼玉県・千葉・茨城・群馬・栃木・愛知・静岡・三重・岐阜・新潟・長野・山梨・石川・富山・福井・大阪・京都・奈良・兵庫・滋賀・和歌山・岡山・広島・鳥取・山口・島根・愛媛・徳島・高知・香川・福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄・札幌・横浜・金沢・名古屋・盛岡・仙台・水戸・宇都宮・さいたま・金沢・甲府・浜松・大津・津・神戸・高松・松山、那覇、全国どこからでもお問い合わせください。日本国内はもとより世界8カ国以上の大規模研摩現場で使われている信頼と実績。「世界にひとつ」を届けることをモットーに、お客様の研摩のご状況やご要望に最適となるオリジナル研磨材をご提案させて頂きます。

【本社/工場】
〒571-0002 大阪府門真市岸和田1-3-11
TEL 072-881-8400 FAX 072-881-8590
【タイ現地合弁企業】
Siam Abrasives Industry Co.,Ltd.
129/33 M.3 Phaholyothin Rd.,Wangchula,Wangnoi,Ayutthaya 13170 Thailand
TEL +663-572-1458-9 FAX +663-572-1460