研磨材の製造販売。金属加工にベストな研磨布ホイールを。

TEL. 072-881-8400
  • 日本語
  • English

よくある質問

カテゴリー毎に、研磨ホイールに関することなどのQ&Aをまとめています。

ベルト研磨との違いは何ですか?

カテゴリー |
研磨ホイール全般に関する質問

研磨ベルトは安価で使い勝手の良い研磨材ですが、構造上避けられない欠点があります。初期の研削性は非常に良いのですが、全ての砥粒が同時に使われてしまうため時間と共に同時に損耗(ダーリング)してしまいます。その為、急激な研削性の低下と仕上げ面の変化が起きてしまいます。研磨ホイールでは羽根先から徐々に摩耗する事で新しい砥粒が働くようになる(自生作用)ので、一定の仕上げ目が長く続く事になります。研磨ホイールは時間と共に羽根が摩耗して小さくなるので、研磨装置には必ず摩耗補正機能が必要です。

お客様に満足頂ける「世界にひとつ」の研磨材をお届けしたい。目的や現場状況に応じてワークピースを確実に研摩するオリジナル研磨材をワンストップで開発・製造します。

研磨材、液状または固形研磨剤ご提供エリア(営業地域)

研磨材、液状または固形研磨剤の導入は、北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・札幌・福島・東京・神奈川・埼玉県・千葉・茨城・群馬・栃木・愛知・静岡・三重・岐阜・新潟・長野・山梨・石川・富山・福井・大阪・京都・奈良・兵庫・滋賀・和歌山・岡山・広島・鳥取・山口・島根・愛媛・徳島・高知・香川・福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄・札幌・横浜・金沢・名古屋・盛岡・仙台・水戸・宇都宮・さいたま・金沢・甲府・浜松・大津・津・神戸・高松・松山、那覇、全国どこからでもお問い合わせください。日本国内はもとより世界8カ国以上の大規模研摩現場で使われている信頼と実績。「世界にひとつ」を届けることをモットーに、お客様の研摩のご状況やご要望に最適となるオリジナル研磨材をご提案させて頂きます。

【本社/工場】
〒571-0002 大阪府門真市岸和田1-3-11
TEL 072-881-8400 FAX 072-881-8590
【タイ現地合弁企業】
Siam Abrasives Industry Co.,Ltd.
129/33 M.3 Phaholyothin Rd.,Wangchula,Wangnoi,Ayutthaya 13170 Thailand
TEL +663-572-1458-9 FAX +663-572-1460