研磨材の製造販売 スリーエフ技研
TEL. 072-881-8400
  • 日本語
  • English

オーナーです。今回は災害復旧に「レール研磨機」です。
73日から熊本県を中心に降り続く雨は球磨川の氾濫を招き、人吉市を中心に甚大な被害を生みました。その後も豪雨は続いて九州各地や翌週には島根県の江の川でも氾濫が発生しています。被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
私の親戚も熊本におり心配しましたが、幸い熊本市内は被害を免れたようでした。

「数十年に一度の大雨」と云うもののこのところ毎年来てる感じですよね。気象予報士の森田正光氏はオフィシャルサイトで2014年に既に東京大学・長崎大学の共同研究で東シナ海の海水温上昇にともなって九州での集中豪雨が増加する傾向があるとの研究報告が出ていると紹介されています。またジェット気流の蛇行が長雨の原因と言う専門家もいます。

原因の究明は科学者にお任せするとして、災害が起きたら寸断された道路や鉄道を早急に復旧しなければなりません。弊社は子会社のAglaiaでこれまでも全国各地の災害復旧現場で活躍したレール研磨機を開発しています。今までも何度かブログで紹介していますが、再度ご紹介します。

鉄道レールは「鉄道」と云う名の通り、鉄製のレールで出来ているので錆びます。大都市圏の鉄道は頻繁に走るので錆びるヒマなど無いのですが、1日数本のローカル線になると結構錆びます。実は列車の検知は二本のレールを鉄の車輪がまたぐことで、ごく弱い電気が流れるので判るんです。踏切が鳴るのはこの検知システムと連動しているので、レールが錆びる->検知できない->信号機が鳴らない->衝突事故が発生する と云う事になり、レールのさびは極めて重要な問題なんです。災害発生の現場では数週間から数ヶ月、あるいは数年列車が通らない事態になるので、運行再開前には必ずさび取り作業が要ります。

Aglaia のレール研磨機

1.移動がラクラク
  軽トラックで搬送でき、現場で組み立てできます。

2.調整がラクラク
  研磨角度の調整はピンを差し替えるだけ。エアクッションで削り込みを防ぎます。

3.作業がラクラク
リモコンでワンタッチ操作。しかも走行速度が設定値を超えないと研磨しない安全設計。作業者はスタートボタンを押すだけです。

Youtubeに動画がありますので、是非ご覧下さい。

弊社のレール研磨機は2016年の北海道台風災害、2018年の広島豪雨災害などこれまで数々の被災地での復旧作業に貢献して参りました。今回も鉄道事業者様からの出動要請に備えていつでも準備OKです。

他の記事もご覧になりませんか?(よく読まれている記事一覧)

アクセスランキングに参加しています。
よろしければ、2つのバナー画像をクリックして頂けると嬉しいです。
とても励みになります。

にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ

ブログ読者アンケートフォーム

記事のリクエストお待ちしております!

読んでみたい記事
「その他」を選ばれた方、具体的に
記事を書いてほしい牧場メンバー
*お名前(ハンドルネームOK)
*メールアドレス  
★半角数字