研磨材の製造販売 スリーエフ技研
TEL. 072-881-8400

オーナーです。今回のテーマは「ソンクラーンホリデー」です。

この名を聞いて「ああ、タイの水掛け祭りね」と言えるあなたはかなりのタイ通です。
もともとはタイ歴のお正月なのですが、今では公式な正月は西暦11日になって毎年4/1315は「ソンクラーンホリデイ」と云う祝日になって残りました。日本の建国記念日(紀元節)みたいなもんです。

この時期にお浄めで水を掛け合っていたのが転じて、近年は水掛け祭りとして観光の目玉になりました。特に首都バンコクのカオサン通りは上の写真みたいな水鉄砲や放水車まで登場して誰彼構わずに水を掛けるので、知らずに行ったりすると全身ビショ濡れで大変な事になります。以前のブログでもご報告した事があります。
これに参加する為にタイに行く人も多いのですが、ソンクラーン休暇は日本のGWみたいなもので、タイ人でもお金に余裕のある人達はこの週に海外旅行に出掛けます。入国ビザが緩和されて以後、日本のインバウンド景気にも大いに貢献してくれました

実はソンクラーン休暇以外にも、宗教に由来する大型連休は色々あります。
華僑の旧正月は有名ですが、それ以外でも
イスラム教 ラマダン 413日~512
      ハリラヤ 513
ヒンズー教 デパバリ 114日 等です。

信仰心の厚い人達はお墓参りしたりしますが、東南アジアではタイだけで無くこの機会に海外旅行に出掛けようと云う人が随分増えて来ていたんです。それが宗教によって適当に分散するので、観光産業的には有難かったでしょうね。

そうした折角のインバウンド景気も、今や新型コロナのお陰ですっかり様相が変わってしまいました。SNSの中には人類滅亡計画なんて話まで飛び交う始末ですが、そんな事ありません。人類はこれまで何度も疫病に見舞われながら乗り越えて来たんです。楽しい日々はまた必ず戻ってくるので、それまでお互いにあと少し頑張りましょうね。

他の記事もご覧になりませんか?(よく読まれている記事一覧)

アクセスランキングに参加しています。
よろしければ、2つのバナー画像をクリックして頂けると嬉しいです。
とても励みになります。

にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ

ブログ読者アンケートフォーム

記事のリクエストお待ちしております!

読んでみたい記事
「その他」を選ばれた方、具体的に
記事を書いてほしい牧場メンバー
*お名前(ハンドルネームOK)
*メールアドレス  
★半角数字