研磨材の製造販売 スリーエフ技研
TEL. 072-881-8400
  • 日本語
  • English

けんま君の牧場日記(スタッフブログ)

当牧場のオーナー

けんま君がこの牧場で誕生してから私の日常は大わらわ。
元気いっぱいなけんま君との生活は楽しいですよ。

  1. 2020/08/09 NEW!

    研磨のお話「研削量」

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今回は研磨のお話「研削量」について。

    先日、お客様から「お宅の研磨材、どれくらい削れますか?」と問い合わせを受けました。
    「様々な研磨条件があるので、ひと言で言えるものではありません」とお返事したのですが、随分ご不満のようでした。この方はこれから研磨機の新設をするにあたって、各工程の推定研削量を出して研磨工程を組もうとしていました。

    合計研削量=第1ヘッドの研削量+第2ヘッドの研削量+・・・+第nヘッドの研削量

    なので、想定している研磨材の性能調査と云う事です。

    理屈は確かにそうなんですが、研磨材を納入する側として安易に「研削量」を提示すると「保証値」と捉えられる事が多く、それが達成されないとトラブルになるのでお話はしないようにしています。A社で100μ削れた研磨材がB社で50μしか削れないなんてザラにあるし、単体の研削量の合計が連続研磨をすると熱影響で変わる(多くの場合、増える)のが研磨の世界。
    そういうことで安易な返事は致しません。

  2. 2020/08/03

    「with コロナ」

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今回のテーマは「with コロナ」です。
    アメリカやブラジルで新型コロナの感染が拡大する中で、日本は上手く対処出来たと思っていました。タイへのフライトも8月から再開される予定でした。
    ところが7月に入り瞬く間に第2波がやって来て、タイへのフライトも9月に延期。今はそれもあてにできない状況になりました。

    政府の「Gotoキャンペーン」が窮地に立たされています。感染症の専門家や医療従事者から非難続出です。医療崩壊を起こさない為には自粛が必要だと訴えています。
    最後の尻拭いを医療機関に押し付けるつもりかと、東京医師会の会長さん怒ってましたね。

    人を動かせば感染者は増える。その人的被害と、自粛による経済的なダメージ、倒産件数、自殺者数などを天秤に掛けた結果、政府は究極の選択をしたんでしょうね。危ないという声が上がるのは承知。むしろ声高に言ってくれと思っているでしょう。そうする事で少しでも警戒心を持ちながら出かけてほしいと。まさにアクセルとブレーキです。
    両者を天秤に掛けたと言う政治家はいないでしょうが、この状況で「Gotoキャンペーン」をやると云うのは、やらざるを得ない余程の事情がそこにはあったと理解します。

  3. 2020/07/27

    転車台

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今週の話題は「転車台」。

    先週は4連休でGotoトラベルを利用して旅行した方も多かったと思います。
    Goto
    キャンペーンをめぐっては賛否両論ありますし、直前まで(始まっても?)政府も迷走していましたが、裏返せばそれだけ観光業は逼迫した状況だと云う事でしょう。

    さて我が家では遠出を控えて近場の「京都鉄道博物館」に行ってきました。と言うことで二週続けて鉄道の話題です。
    「京都鉄道博物館」は2016年春に京都駅近くの梅小路公園に隣接する形でオープンされました。初代の0型新幹線はじめ歴史に残る数々の名車が展示されていて鉄道ファンや子供達には大人気です。なかでもオーナーのお勧めは「転車台」。

  4. 2020/07/20

    災害復旧に「レール研磨機」

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今回は災害復旧に「レール研磨機」です。
    73日から熊本県を中心に降り続く雨は球磨川の氾濫を招き、人吉市を中心に甚大な被害を生みました。その後も豪雨は続いて九州各地や翌週には島根県の江の川でも氾濫が発生しています。被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
    私の親戚も熊本におり心配しましたが、幸い熊本市内は被害を免れたようでした。

  5. 2020/07/13

    研磨のお話「コルクベルト」

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今回は久々に研磨のお話「コルクベルト」です。
    というのもあるお客様からコルクベルトって何?とお問い合わせを受けたからです。


    コルクベルトと一般のベルト(同番手)でも見た目はこんなに違う

    研磨布(俗に云うサンドペーパー)については砥粒研磨布の各ブログで説明しましたが、コルクベルトはご紹介していませんでした。コルクベルトとは基材にコルクを塗布した上に砥粒を乗せた特殊なベルトです。コルクが適度なクッションになり過度な食い込みを防ぐため、同じ番手でも仕上げが半分程度細かくなります。

    1965年にアメリカで出版された研磨材の教本が手元にあるのですが、その中にもコルクベルトの事は書かれているので、わりと初期からあったようです。この頃はガラスの研磨に盛んに用いられています。普通のサンドペーパーだと研磨熱でガラスを傷めてしまい易いので、色々研究した結果コルク入りのサンドペーパーに行き着いたようです。

  6. 2020/07/06

    「レジ袋有料化」

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今回のテーマは「レジ袋はプラごみか?」です。
    7月1日からスーパーやコンビニのレジ袋が有料化されました。
    小泉環境相曰く「有料化をきっかけにプラスチックごみの問題について考えて、レジ袋を辞退する事が当たり前になる社会に変革する」のだそうです。
    自民党の若きエース。将来を期待されるホープですから、口先だけで適当に言ってるなんて事は無いですよね。

    写真はスモーキーマウンテン(Google画像より)

    昨年あたりから家で台所に立つことが多くなり、プラスチックごみの多さは痛感しています。特に新型コロナ騒ぎ以降、何でも個別包装でプラ用のゴミ箱がすぐに満杯になってしまいます。
    ゴミ箱の中身は

  7. 2020/06/28

    「鳴門のうずしお」

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今回のテーマは「鳴門のうずしお」です。
    コロナの話題が続き、「SNS」や「人種差別」と云う社会派テーマに偏ってきていたので、今週は気楽な話題で行きます。
    6月19日から他府県への移動も解禁となりました。これまでも特に罰則が有った訳じゃないですが、他府県ナンバーはいたずらされたと聞いて動きづらかったですね。ようやくお上のお許しが出たと云うことで、まずはひと安心です。 

    関西地方は6/19,20と天気も良く絶好の行楽日和、鳴門まで「うずしお」を見に行きました。
    歌川広重の浮世絵

  8. 2020/06/22

    「人種差別」

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今回のテーマは「人種差別」。
    すごく大きなテーマで、私などがブログに書いて良い物かと思いますが、実はオーナーも若い頃に人種差別を受けた事があるので、今日は私の経験談を元にブログ書きます。


    40年以上前の話です。まだ20歳そこそこの私はロサンゼルスに滞在していました。ある日ダウンタウンでレストランに入ろうとした時の事、受付の白人に止められたので「ネクタイですか?」と聞いたら「カラード(有色人種)だからダメ」との事。その場はおとなしく引き下がったものの、頭の中は怒りで爆発寸前。服装が相応しくないと言われれば着替えれば良いし、貧乏人はダメと言われたらいつか金を稼いで見返してやれます。でも肌の色でダメと言われたら、どうする事も出来ません。何をしても一生涯その店で食事する事が許されないんです。こんな理不尽な事があっていい物か、アメリカと云う国ではこんな事がまかり通っているのかと怒りに震えながら自分は絶対に人種差別はしまいと誓った事を覚えています。以来、どこの国の人とも親しくさせて貰うのがモットーで生きてます。

  9. 2020/06/14

    「パソコンの引越し」

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今回は「パソコンの引越し」です。
    10年間会社で愛用してきたパソコンが時々シャットダウンするようになったので買い換えることにしました。

    EPSONMR4000と云う機種で、発売当時はかなり上位機種。CPU Core i5-661(3.33GHz)、メモリ8GBHDD 1TBという構成でした。プレゼン用のビデオ編集なんかもサクサク出来て、ホントよく働いてくれました。しかし近年は動きがめっきり遅くなり、ここ1ヶ月ぐらいは末期症状。OSもサポートの切れたWin7 だったので、コロナで仕事のヒマな今、パソコンの引越しをしました。

    実は私、若い頃IT業界にいました。(当時はソフト業界と言いましたが)第一種情報処理技術者の資格も持っています。とはいっても働きだした頃はまだパソコンなんか無くて、冷房がガンガン効いた部屋に軽トラックぐらいの大きさのコンピューターがある時代でした。コンピューターの石器時代みたいな頃で、面白い話がいっぱいあります。裏方で選挙速報のコンピューターを操作していたら突然止まって大騒ぎなんてのもありました。
    毎晩最終電車、納期近くは徹夜も当たり前の生活でしたが、今となっては楽しい思い出です。

    おっと、話を本題に。
    出張用のも古くなったので、ジョーム君のアドバイスでこの際ノートPC1台にまとめる事にしました。予算20万円で、購入したのは下記です。

    Fujitsu LIFEBOOK UH80/D2 ヨドバシ限定モデル
    CPU Core i7-8565U(第8世代)
    メモリ 8GB
    SSD 256GB (外付けSSD 500GBが有るのでこれで充分)
    Office home&Business 2019 がついて¥179,800 さらに¥10,000 のポイント還元(安い!

    さて早速お引っ越し。
    OSWin7 -> Win10
    メーラーはWindows Live mail-> officeソフトのOutlook2019 にします。
    パソコンを替える時、真っ先にする事はメールの引越しです。ところがこの両者、互換性が全く無い。
    Live mail exportではメールが移せないので調べたところフリーソフトのMail Store Home と云うのが見つかりました。ただ無償ソフトはうっかり使うとデータが消えたりする事もあるので、慎重に予備テストを行って無事2万件以上のメールを完全に引っ越しました。
    https://togeonet.co.jp/post-7310

  10. 2020/06/08

    「東京アラート」

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今回のテーマは「東京アラート」。

    大阪に対抗してレインボーブリッジをライトアップしたまでは良かったのですが、あっという間に感染者が拡大し真っ赤に燃えた東京のレインボーブリッジ。
    ふたつを並べると「赤いレインボーブリッジ緑の通天閣
    あれ?この対比どこかで見た様な・・・

  11. 2020/06/01

    「無礼者、名を名乗れ!」SNS

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今回は「SNS」についてです。
    女子プロレスラーの木村花さんがSNSでの誹謗中傷で自殺すると云う痛ましい事件がありました。オーナーはきっかけになった「テラスハウス」と云う番組も木村花さんと云う方も初めて知りました。台本の無いリアリティ番組だそうですが、変化の無い日常を見ても面白いはずはなく、半ば素人を集めてハプニングが起きるのを制作者も視聴者も期待するのは自明です。プロレスは真剣にやったらどちらかが死ぬ事もあるそうで、アントニオ猪木がピンチになって「猪木ガンバレ!」コールで大逆転するから面白いんです。そこには見事なヒール役が必要です。アブドラ・ザ・ブッチャーなんか最高でした。
    ヒール役の木村花さんが見事に演じた結果SNSでいわれなき誹謗中傷を受け、悲しい最期となったのは誠に痛ましく、心よりご冥福をお祈りします。
    そこで今回はオーナーも利用しているSNSについて書きます。

    SNSとはソーシャル・ネットワーキング・サービス(Social Networking Service)の略で主にスマホを使ったコミュニケーションツールです。日本で代表的なものはLINE, FacebookInstagram, Twitter でしょうか。一応全て使っています。
    PCメールはパソコンを立ち上げないといけないので、オフィシャルな業務連絡に使う事が多いです。「いつもお世話になります」で始まり「宜しくお願いします」で終えるのが定型とされており、従来のFAX通信のデジタル版と云った感覚です。
    (注:スマホでも出来ますが、基本的にPCで利用するものです)

  12. 2020/05/25

    「関西弁 三都物語」

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今回は「関西弁」について。

    前回のブログをFB(フェイスブック)で紹介する際に「こいさん」と書いたら東京の人から質問があったので、今回のネタにします。
    FBに書いたのは昭和の流行歌「月の法善寺横丁」の歌詞で、修行中の若い料理人が親方の娘に恋する歌です。唄の中に以下のセリフが出てきます。

    写真:Yahoo画像より


  13. 2020/05/18

    研磨のお話「包丁研ぎ」

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今回のテーマは「包丁研ぎ」。

    緊急事態宣言が一部解除されたとは云え、まだまだステイホーム(お家にいようよ)と云う事で、なかなか外に遊びに行く事も出来ませんね。オーナーは昨年、地域で開催されている「男の料理教室」に参加したのをきっかけに、お弁当作りに励むようになりました。「男子ごはん」と云うTV番組を見て、時々晩ごはんも作っています。(まだレシピと計量スプーン必須ですが)

    で、今回のテーマは「包丁研ぎ」です。何故かと云えば弊社は研磨材メーカーだから。
    最近はコロナ関連の話ばかり書いていて「研磨のお話」が全く出来ていないし、身近な研磨の話として全く切れない我が家の包丁を研ぐ話をしようと思います。

  14. 2020/05/11

    「新しい生活様式」

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今回は「新しい生活様式」について。
    54日、政府から「新しい生活様式」が提言されました。
    「新しい生活様式」とは早い話、今の自粛生活が非日常ではなく日常になる事のようです。
    こんな自粛がいつ終わるのかとワイドショーでは議論していますが、政府は「新しい生活様式」で過ごしなさいとはっきり示しています。かつてのような楽しい日常は戻らないのでしょうか。

  15. 2020/04/27

    大怪獣「ブカーン」

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今回は「音のサブリミナル効果」について。
    GW
    直前のブログと云う事で、少し軽めの話題にさせて頂きます。

    自粛要請で新聞を読む機会も多く、隅々まで読むせいで面白い記事に出くわしました。4/17付け産経新聞「言葉のひと解き」と云うコラムです。清湖口敏さんと云う方が書いているのですが、「ウイルス」ではなくて昔のように「ビールス」と呼んだらどうかと云う提案です。曰く日本人は濁音に対する特別な音感を有しているからと。

  16. 2020/04/19

    「心のケア」

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。出来るだけ楽しい話題を提供したいと思っているのですが、何をテーマにしても厳しい現実とのあまりのギャップに筆が止まってしまいます。今回のテーマは新型コロナに対する「心のケア」です。

    TVでは連日疫学専門家の皆さんが登場し、警告や意見を述べられています。政府も次々と手を打ちますが、なかなか有効な手を打てないのが現状のようです。それでも欧米と比べると圧倒的に感染者が少ない現状は評価に値すると思っています。

    しかしワイドショーではコメンテーターの人達が政府の対策に対して、「遅い」とか「金を出せ」と云った発言を繰り返しています。専門家はまだしも、文句だけ言って視聴者を代弁してる気になってるタレントには辟易します。そろそろ聞き飽きて来ました。

    もう少し、違う視点で見れないものでしょうか。

  17. 2020/04/13

    緊急事態宣言発令

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今回は緊急事態宣言についてです。

    47日ついに政府から新型コロナウイルスに対する「緊急事態宣言」が発令されました。

    ただ「緊急事態宣言」とはいうものの諸外国のような罰金、罰則というものはなくて、これまでの自粛要請を強くした程度とも云えます。これに対して海外メディアの中には実効性に乏しい、効果が期待出来ないと辛辣な声もあるようです。

    意地の悪いマスコミは通勤客の多い朝夕の主要駅にカメラを向けて、「総理の言うような80%減なんか出来ていません」とレポートしています。そりゃそうでしょう、事業所の閉鎖を強制している訳じゃないんだから、通勤客が劇的に減る訳無いでしょう。在宅勤務(テレワーク)できる僅かの職種の人と学生さんを除いた人数が行き来するのが理屈じゃないですか。

    専門家の意見では、接触者の定義は社会的距離(ソーシャルディスタンス)より近くで、3語以上の会話を交わす人だそうです。だから通勤時の人数が問題になるのではなくて、職場で会話する人数、会議の人数、頻度、昼食を一緒に摂る友人等の数が問題のはずです。

    (もちろん、通勤時の人数も少ない方が良いに決まってますが)

    どうもストレスが溜まっているせいか、あるいはいつもより真剣に見ているせいか、これまでなら聞き流していたいい加減なTV解説にカチンと来る事が多くなってしまいました。

    以前のブログでも書きましたが、マスコミは「問題を煽りたがる」傾向が強いようです。

    「マスク代466億円をどう思いますか?」->「高いと思います」って、誰でも言いますよ。なんで子供に父親の小遣い聞くような事するんでしょうね。ウイルス対策をやってる厚労省の役人じゃないんだから、判らないって。

  18. 2020/04/05

    深北緑地の桜

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今回は「深北緑地の桜」をご報告します。

    毎日新型コロナウイルスの報道で気が滅入りますね。折角桜が満開と云うのに、東京や大阪は自粛要請どころか非常事態宣言まで出かねない大変な状況になってしまいました。

    そうは言っても桜は桜。大震災の後も台風の後も、そしてコロナウイルスが蔓延している中でも、見事に咲き誇っています。今日は弊社の近くにある桜の名所、深北緑地をレポートします。

  19. 2020/03/30

    新型コロナウイルス報道

    by 当牧場のオーナー

    オーナーです。今回は「新型コロナウイルス報道」。

    このブログを書いているのは2020327日です。一昨日から東京で感染者が急増してロックダウン(都市封鎖)が囁かれる事態となりました。ひょっとすると、これを読んで貰う頃には東京だけでなく、こちら大阪でも大爆発かもしれません。

    深刻なニュースばかり見ていると気持ちが落ち込むので、たまにはお笑い番組でも見ようかとチャンネルをひねるんですが、すぐ気になってニュースを見てしまいます。

    我々一般市民にとって、かつて自分の身の回り以外の地域の状況を知る術は新聞、ラジオ、TVしかありませんでした。TVで映し出される事は真実だと思っていました。確かにやらせでない限り「真実」には違いないんですが、「真実の一部」でしかないんですね。政治家のコメントが顕著ですが、自分たちの都合の良い部分だけを放送してしまう傾向があります。

    商品を奪い合う映像なんて偶然カメラを向けていたか、奪い合いが始まる事を予見していたかしかないはずです。プロは凄いなって思います。こんな感情を抱く私はひねくれているのでしょうか。

    「物資は充分だから買いだめはやめましょう」とアナウンスしながら、主婦の「判ってるんだけど、みんなが買うとホントに無くなっちゃうでしょ」なんてインタビューが流れると、アナウンサーより説得力持っちゃったりします。本当に言いたい事は街頭インタビューで素人に言わせるんですよね。結局パニック買いは収まらない。明日も面白い映像が撮れるかも。

    最近の気になった報道ではビジュアル系の女性バンドのリーダー兼社長が無人でライブをやって、別室にファンを入れて最後に「みんなの前で歌いたかった」と泣いている映像です。歌舞伎の演者よろしく頬を伝う涙をアップで捉えていました。

  20. オーナーです。今回は研磨のお話「番手(粒径)と面粗さ」です。

    前回「番手(粒径)」のブログで、市場ではP粒度と#粒度が混在してるけどさほど問題じゃないと書きました。何故なんでしょう?